人口の自然減少や長引く不況による受診者数の減少、診療報酬の引き下げによる収益の減少、医療事故による不信感の蔓延・・・など、医療機関を取り巻く環境は決して良くありません。

突然不測の事態に襲われたり、世間とのズレに気づかずに経営危機に陥ってしまう・・・。真面目に診療を行うだけでは、医療機関を存続させていくのは困難な時代です。

(株)日本医療総合研究所は、医療機関を守るため、様々な不安の解消し、経営改善を行うための研究会、FBMC(フィード・バック・マネジメント・クラブ)を立ち上げました。
■フィード・バック・マネジメント・クラブ(FBMC)とは?
複数の医療機関(無床診療所・有床診療所・病院)が所属する会員制経営改善研究会です。
会員には、定期的に行われる各種経営分析によって、経営状態や問題点がフィードバックされます。
会員間における情報共有や人材交流などを促進し、情報感度を高める取り組みを行っています。
※通常のメニュー表示にはjavasriptをonにしてリロードしてください。